マイナンバーはアウトソーシングで低コストに安全管理

マイナンバーはアウトソーシングすることで低コストでかつ安全に管理運用することができます。


日本国内に住民票を有する全員に対して発行されているマイナンバーは、氏名性別などあらゆる個人情報と関連付けられている大事な個人番号です。
企業では主に納税や社会保障の手続きにあたって行政に提出する書類などに記載しなければならないため、全社員の番号を把握して情報として保持しておく必要があります。


個人情報なので厳重に管理しなければならないのは当然ですが、マイナンバーは特定個人情報として指定されており、利用目的は必要な事務手続きの範囲のみに制限され、万が一漏えいした場合漏えいした人物は懲役や罰金刑に処され企業の信用問題にもつながります。

これらのリスクを回避するためには、マイナンバーを取り扱う担当の管理者を置き、高度なセキュリティレベルのもとで管理しなければなりません。
しかしながら、そのための人員配置や設備投資を行うとなるとそれなりのコストがかかります。


その点、アウトソーシングを行っている事業者は、最初からマイナンバーを管理することを目的に人員と設備を整えているので高いセキュリティ設備を持っています。また、個人情報保護の観点で言えば、企業内で管理しておくよりも企業外で適切な管理を行った方が個人と情報の紐付けが困難になり、特定される恐れも少なくなります。

ガジェット通信の有益な情報の紹介です。

管理を専門とする第三者を介することで企業内での人的ミスやトラブルのリスクも軽減でき、自社社員の安心や信用も得ることができます。



そのため、アウトソーシングを行えば企業内で管理体制を整えるよりも低コストでかつ安全に取り扱うことができます。

評判が高いマイナンバーのアウトソーシングの情報はかなり役に立ちます。