マイナンバーの収集代行について

マイナンバーは公平公正な社会の実現、行政の効率化、国民の利便性向上を目的に国民に番号をあたえて管理を行うものです。

公平公正な社会の実現というのは所得だけでなく行政サービスの状態を把握して給付を不正に受けるなど防ぐことができます。

行政の効率化とは行政機関や地方公共団体などで様々な情報紹介や入力などに要している時間や労力を削減し、業務間の連携を進めムダを削減します。
国民の利便性向上としては本人確認などの添付書類を削減し手続きを簡素化し国民の負担を軽減したり、行政からの様々なサービスを受けられるようにするためのものです。



マイナンバーは通知カードが郵送され、本人が申請することで個人番号カードをもらうことができます。

個人番号カードがあれば本人確認まで済ませることができます。

マイナンバーを利用するのは国民や行政だけではありません。

企業も税金の手続きや社会保険の手続きを行うためにマイナンバーの収集が必要となります。

エキサイトニュース情報が満載です。

しかし収集だけを行えばよいというものではありません。

個人情報ということもあり本人を確認することと情報が漏えいしないようにしっかりと管理をしなければならないのです。

企業でこれら収集から管理を行うためには担当や配置を行い、その仕組みを構築しなければなりませんが、収集代行を行うところがあります。

人気のあるマイナンバーの収集代行関する情報探しのお役に立つサイトです。

収集代行は企業の従業員に対してマイナンバーを収集して本人確認を行うことができます。また情報の登録や抹消といった管理も可能なので社内でその仕組みを収集代行に依頼することができます。